第一段階・学科教習 40代の教習所ライフ

第一段階・学科教習5限目①「追い越し」

投稿日:2018年5月9日 更新日:

今日は雨降りで肌寒く、ゴールデンウィークの大掃除でしまったヒーターをまたつけて、冬物の服を引っ張り出して羽織っています。

今年の夏は久しぶりに冷夏になるかもしれないというニュースも目にしましたが、年々寒い・暑いのどちらかに傾くというよりは、寒暖差が激しくなっている感じがしますよね。

まだまだこの先の気候がつかめない5月前半です。

さて、学科教習も10コマのうち5コマ目に進み、第一段階の半分が終わりました。

今回は項目番号11にあたる学科教習の内容について書いていきたいと思います。

追い越しの禁止

前の車がゆっくり走っていると、急いでいる時には追い越して先に進みたくなるかもしれません。しかし追い越しには危険性があり、高度な判断や的確な操作が求められます。

またとある実験によると、追い越しをしたからといって、所要時間に大差がないという結果も出ています。

よって追い越しはできるだけしないことが望ましく、やむおえず行う時にはきちんとルールを守ることが重要です。

学科教習全体に言えることですが、一つ一つの言葉の意味を理解することがとても大切です。この意味合いをもとに、交通ルールが定められているからです。この理解度を確認するため、試験では言葉を少し変えた問題がよく出ます。

・追い越しとは

車が進路を変えて、進行中の前の車の前方に出ること

・追い抜きとは

車が進路を変えないで、進行中の前の車の前方に出ること

・「進行中の前の車」であり、止まっている車の横を通り過ぎることは含まれない

追い越しを禁止する場合

この「場合」というのは、相手がいる状況ととらえると、次に出てくる「場所」と区別しやすいでしょう。

①前の車が自動車を追い越そうとしているとき(二重追い越しの禁止)。

②前の車が、右折のため右に進路変更しようとしているとき。

③反対方向から来る車や路面電車を妨げるとき。

④前の車の進行を妨げなければ、道路の左側部分に戻れないとき。

⑤うしろの車が自分の車を追い越そうとしているとき。

☆「車」と「自動車」の意味を再確認

車…原動機付自転車、軽車両(自転車など)を含む

自動車…上記2つを含まない

追い越しを禁止する場所

車は次の場所では、自動車や原動機付自転車の追い越しを禁止されています。

①追い越し禁止の標識がある場所

②道路の曲がり角付近

③上り坂の頂上

④勾配の急な下り坂

⑤トンネル(車両通行帯がある場合をのぞく)

⑥交差点とその手前から30m以内の場所

(優先道路の通行をのぞく)

⑦踏切とその手前から30m以内の場所

⑧横断歩道や自転車横断帯と、その手前から30m以内の場所

道路の右側部分へのはみ出し追い越しの禁止

・黄色の実線があったら、その線をはみ出した追い越しはできない。

・黄線と白線があったら、自分に近い線の意味に従う。

追い越しの方法

追い越しをする時には、状況に応じて安全な速度や方法を選ばなければなりません。

右側追い越しと左側通過

他の車を追い越す時には、原則として、その右側を通行することになっています。

しかし前の車が右折のため、道路の中央寄りにいる時には、その左側を通行しなければなりません。

路面電車を追い越す場合

原則は左側通行、レールが左寄りにあったら、その右側を通る。

安全な側方間隔の保持

追い越す車との間には、安全な間隔を保たなければなりません。

追い越しの運転手順

①追い越しの禁止場所ではないことを確認

②目視で前方を確認、バックミラーで右・斜め後方を確認

(バックミラー:ルームミラーとドアミラー)

③追い越しの3秒ほど前に、右側に方向指示器を出す

④再度安全を確認して、前の車を追い越す

⑤左側に方向指示器を出す

⑥追い越した車がルームミラーに映るくらいの距離まで進み、左に進む

⑦合図を消す

まとめ

この学科教習では、高度な判断やテクニックを必要とする追い越しについて、そのルールを学びました。

学科教習は、入校式に含まれる第一回目の教習以外、順不同でとってもいいことになっています。

そのため、授業の中でまだ学んでいない言葉が出てくることがあります。

重要な事柄については、どの項目で出てくるか補足してくれる先生もいますが、疑問に感じたら、その都度意味を調べておくことがおすすめです。

そして、1つの教習項目を学び終えたら、なるべく間をあけずにその項目の練習問題を受けておくと、記憶が定着してその後の大きな試験に役立ちます。

教習中のみなさん、これから免許を取りたいなと思っているみなさん、一緒に少しづつ前に進んで行きましょう。

【スポンサーリンク】



-第一段階・学科教習, 40代の教習所ライフ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

教習所の申し込みは『キャンペーン』を狙う

前回は、運転免許を取るには2つの方法があるというお話をしました。 通学と合宿、どちらの方法にするか決める時、またどこの教習所にするか決める時に、キャンペーンのありなしで決めるというのも一つの方法です。 …

第一段階・技能教習2限目・はじめての運転

八重咲の桜も花びらのほとんどが散り、いたるところにピンクのじゅうたんができています。 さて、今日は先日行った第一段階の技能教習2限目について書きたいと思います。 目次1 初めての運転にドキドキ2 安全 …

運転者の視点で周囲を観察する

今日は珍しく夜もちょこっと仕事をしました。 普段は朝から仕事に取りかかり、なるべく明るいうちにその日の仕事を終わらせます。 今日は久しぶりに一日仕事はしないで、家の事をしたりして過ごそうかななんて思っ …

no image

第一段階仮免前効果測定に合格しました

第一段階の仮免前効果測定に合格しました。 問題集を何度も何度も繰り返し学び、やっと合格点に達しました。 周りのみなさんがどのように勉強しているのか知ることができないのですが、問題集は10回以上チャレン …

教習期間は9カ月以内。決意から1年後に申し込みした理由

今日は、入校してから免許を手にするまでの期間についてお話したいと思います。 目次1 教習期間は9カ月以内と決められている2 9カ月以内に免許を取得できるスケジューリングを3 家族の急病を経てスタートし …

プロフィール

ノムニイ(40代・女性)
40代で運転免許にトライ!

プロフィール詳細

2つのランキングに参加中です。クリックで応援していただけると励みになります♡

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代女性日記へ
にほんブログ村


クリエイティブライフランキング

【スポンサーリンク】

合宿免許受付センター



Tポイントが貯まる合宿免許yi免許